インドの医療製造特許

日本でも1000万人を超える患者がいるED。

この症状は特に中高年の男性に多く、勃起不全や勃起障害などとも呼ばれたりします。
正常な勃起ができなくなるので、性行為を行うことが厳しくなります。

そんなEDに効果的なのがED治療薬です。
ED治療薬は医薬品なので、購入するには医師の診察と処方箋が必要です。
しかも保険適用外なので、値段が高いのです。

ED治療薬の効果は絶大なのですが、あの値段の高さでは継続して購入するのが
厳しいのも事実です。

ですがED治療薬にもジェネリック医薬品があることがわかりました。
ジェネリック医薬品とは、日本でもだいぶ知られるようになりましたが、
後発医薬品のことです。

それに対して新薬のことを先発医薬品といいます。つまりジェネリックは先発医薬品と
ほとんど同じ効果、成分で作られた医薬品で、開発コストが抑えられるので
販売価格が先発医薬品よりも安いのがメリットです。

しかし、新薬の特許期間である20〜25年が経過した後でないと発売されることが
できません。バイアグラをはじめとするED治療薬はまだ、発売されてからの特許期間
を経過していません。

しかしジェネリック医薬品が存在する理由は、開発している会社がインドだからです。
インドの法律ではED治療薬のジェネリックを開発することは合法とされているのです。