EDの危険性

EDにならないようにするには、まず生活習慣をきちんとすることが大事です。

EDに限らないのですが、主な病気などの原因は普段の生活習慣による影響が
大きいのが事実です。とくにEDは生活習慣病と深い関わりがあり、
EDになっている人が生活習慣病にかかっているケースも珍しくありません。

生活習慣病である糖尿病などにかかると、もう治りません。
糖尿病になると精力が減退すると言われています。

またEDを発症するリスクが飛躍的に増すそうです。
男性にとってEDの症状はとても辛いです。性欲があっても勃起ができないという
状態に陥ってしまうのです。

その理由は、動脈硬化や高血圧などです。また加齢なども影響して血管の弾力性が
失われます。勃起するには動脈を通って血流を陰茎に流し込む必要があります。

その際、動脈は拡がるのですが、動脈硬化などになると動脈は固いので拡がることが
できません。そうなると十分な量の血流を流し込むことができなので、勃起が
できにくくなるのです。

これが中高年の男性に多いEDの症状なのです。

しかも動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞などの死に直結する病の原因にもなります。
そうならない為にも普段の生活習慣や食生活には気をつかう必要があるのです。